December 07, 2006

E.C武道館

ついに見てきたクラプトン武道館。18年ぶりに見る彼の生演奏に出かける前からそれはもう興奮していた。

「アンプラグド」以降の彼の活動に興味を無くしていた。家で聞きたいという欲求もなくなっていたし、ましてや演奏を生で聞きたいなんて思わなくなっていた。何でかしらないけど、とにかくそうなのだ。リタイアする、って宣言した時も、「そうですか、お疲れ様でした」って感じで、特に驚きもしなかった。

それが5年ぐらい前にチュルッと入った飲み屋、シッティングブルのマスターによってまた再びこんなにも熱い思いを抱かせてくれる事になろうとは思いもよらなかった。彼は、AKIRAさんは、それはもう大ファンなのだ。興味を無くしていた頃のE・クラプトンの活動を彼が教えてくれた。自分の人生を重ねて。子供の名前の話、お店を出した時の話、お店に集まるクラプトンファンの話、そして、これまで見てきたクラプトンのコンサートの話。そんな話を聞いていたら、何だかオイラも影響されてきた。で、結局また再び聞くようになった訳。シッティングブルというお店は、もちろん独特の店構えや、料理、キモチ良い音楽、雰囲気の良さ、居心地の良さ、色々あるだろうけれども、なんといっても一番の魅力は、やはり、AKIRAサンだ。彼の話には何だか引き込まれてしまう何かがある。今に至ってもダラダラと通ってしまう何かがあるのだ。

そして、今回の来日公演。これは見ておかないと、思っちゃった訳です。

前置きが長いが、それはこのブログが ”Sittingbullに集合!!” だからだ。宣伝が入るのだ。

さて、骨折したオイラがみんなの助けもあって無事に会場入りしたのは7時少し前。アリーナだよ!!感謝。事前に何の情報も受け付けなかったAKIRAさんとは裏腹にオイラはもう、準備万端。~ぶっ飛んだ音像字~のlenmacサンの残してくれたセットリストを拝借して今回、12月6日水曜日のセットリストを作ることが出来ました。感謝。

会場は結構落ち着いた大人な雰囲気。いいじゃないか、じっくり聞こうよ。足を骨折していたから、できれば皆、最初は座って聞こうよ、などと心の中でつぶやきつつ、開演前に聞こえる曲のイントロが「Street fighting man」。あんなにでかい音でアルバム・ヴァージョンを聞くことはないので、嬉しい。その後が、これまた「Bold as love」。これはこれは、結構幸せ。次は~?って思っていたら、始まった!!おお~。


さあ、セットリストはこの後書きます。見たくない人はクリックしないでね~。

Continue reading "E.C武道館"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 22, 2006

武道館クラプトン

中学生の頃、TVK(神奈川テレビ)を見ているとよく見たCM。「Behind the sun」のCM。移籍後第1弾!プロデューサーは、フィル・コリンズ!なんて宣伝だった。~Forever man~のPVを使ったやつ。ロングコートの、あれ。フィル・コリンズの名前で、「へえ~」と思った。姉が好きでよく聞いていた。オイラは3枚目。「ノー・ジャケット・リクアイヤード」からだ。中学生の甘酸っぱい恋。思い出す。ハワード・ジョーンズの2枚目、ヴァン・へイレンの「ダイバー・ダウン」。この3枚は中学生の甘酸っぱい恋のBGMなのだ。オイラには・・・。

同級生のコウ君が持っていたので学校帰りによく聞きに行った。彼は音楽に詳しくて、色々教えてくれた。ポリスやピストルズ、ジャム、U2、UKの音楽の取っ掛かりは彼がきっかけだ。エッチな本も貸してくれた。お薬の話もしてくれた。ギターを弾こうと思ったのも彼の影響だ。かれは最初からベースだった。オイラは女の子にもてたかったのでギターだった。「ベースがキマらないとダサいんだぜ」とよく言っていた。20数年経ってやっと理解できる。今会って酒飲んで(あの頃もそうだったけど・・・)、こんな話をしたらさぞかし楽しいのだろうな。今何してるのだろうか?

あ、話はそれたけど、クラプトン来日!!

シッティングブルのマスター、アキラさんは大のクラプトンファン。娘の名前に「れいら」と付けるほど。今回の来日ツアーはブル仲間と一緒に武道館へ。なんと、オイラ、今回が2回目なのだ。前回は25周年のツアー。1988年だって。11/2、東京ドームだった。lenmacさんのブログのコメントには代々木と書いてしまったけど、プログラムを買っていた(あの頃はマメだったな。今は、とりあえず酒だな・・・)。すいません。

ぶっとんだ音像字 ~NEWS~

ふと考えると、あんまりクラプトンの話をしていないな、と思ったので、書いてみるか、と思った。

Continue reading "武道館クラプトン"

| | Comments (17) | TrackBack (0)

June 29, 2006

稲内隆裕という人

シャワー浴びてたらエリック・クラプトンが聴きたくなった。CDの棚にはここ10年くらいのヤツしかない。それ以前のは誰かがごっそり借りていったみたいだ。10年くらい・・・。

仕方ないので、レコードで探してみた。あった。3枚。まずは、「バックレス」。借り物だ。20年くらい・・・。

Backless1   Backless2

” Promises ” が好きなんだな。アルバム全体もユル~くて良いんだな。

お次は、「Eric Clapton's Rainbow Concert」。これは自分で買った様だ。1150円だって。タワーレコードで。

Rainboww1   Rainbow2

お友達が、ドラッグでヘロヘロになったクラプトンのケツをたたいて開いたコンサート。S・ウィンウッドやR・ウッド。P・タウンゼントなど。” Roll it over ” がカッチョ良いのだ。

あ~、違った。こんなこと書くつもりじゃなかったのに・・・。

稲内隆裕氏(以下イナッチ)はこんな人 → 自己紹介

6月30日(金)にシッティングブルにて、アコギライブやります!! 


Continue reading "稲内隆裕という人"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2005

だらだら

E.Clapton

今日は何をするでもなく1日を過ごしつつある。もう外は暗い。んん~、そうだ、見ていないDVDがあった。これこれ。
” sessions for Robart J ”。アキラさんより先に買ったというのに、DVDのほうは先を越されてしまっていた。かなり良かったみたいなので楽しみだ。

Continue reading "だらだら"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2005

Let It Rain

雨ですな。それもとっても冷たい雨ですな。寒いな。

E.クラプトンが、ロバート・ジョンソンの曲をカバーしたアルバムが立て続けに2枚出ました。
「Me and Mr Johnson」 と、 「Sessions for Robart J」 
いいですよ、なかなか。じわじわキテマス、最近。

オイラが初めて聞いたアルバムは、「behind the sun」。フォーエバー・マンだ。
クラプトンに興味があったわけでなく、プロデューサーがフィル・コリンズだったからなんだけど。
でも、「フォーエバー・マン」は、別の人のプロデュースみたいだけど。とにかく、「no jacket required」という
アルバムが大好きで、興味を持ったのだ。

それから片っ端からクラプトンのアルバムを聞いたけど、「ライブ・イン・武道館」は、ものすごく好きです。
アルバート・リーのサポートがいいんです!!すごく。

曲のベスト3をあげるなら、個人的に、

1.badge~let it rain [Eric Clapton LIVE '85] (VHS)
2.wee wee hours [hail ! hail ! rock'n'roll ]
3.do the do [the london Howlin' wolf sessions]

となる。 3.は、H.ウルフをロンドンに招待して、その当時の、若手ミュージシャンとセッションするアルバム。
E.クラプトン、チャーリー・ワッツ、ビル・ワイマン 、スティーブ・ウィンウッドと、豪華なセッション。チャーリー最高に良いです。それに触発されたのか、クラプトンのスライドギターもぶっ飛んでます。2.は、チャック・ベリーの還暦のお祝いに映画が作られて、ゲストでクラプトンコメントしたり、演奏してます。これまた、すごいギターソロ弾いてます。1.は
ビデオなんですが、この[Badge]オイラの中でクラプトンのベストソロをカマしてます。これぞクラプトン!!ッて感じ。まあ、60年代のプレイスタイルとは違うし、もちろん、現在のスタイルともちょっと違うんですけど。ギター少年の頃は、これがドはまりだったのだ。あ、ちなみに let it rain には特に思い入れは、ない。雨だったんで。とりあえずメドレーになってるんで。ただ書いてみただけ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)