« 刺激 | Main | ご無沙汰です!!! »

August 28, 2006

最初の一歩

先日久しぶりに、” rockin' on "、という雑誌を買った。音楽雑誌だ。特集記事が、「90年代ベスト・ディスク100」だったから。ブライアン・ジョーンズの記事にももちろん興味津々だったんだけど。

90年代は、オイラにとってはローリング・ストーンズで始まった。もう来ないかと思っていたので、結局3日見に行ったし、バンドもストーンズのコピーバンドを組んでいたし(バンド名は、jamming with ED だった),聴いていた音楽も、ストーンズか古いブルーズばっかり。マディ・ウォーターズにハウリン・ウルフ、ジョン・リー・フッカーにボ・ディドリー、チャック・ベリー。ロバート・ジョンソン。ジョージ・ソログッドにフェイセス、トム・ウェイツ、ジョニー・ウィンター、と。なんじゃこりゃ、って感じ。だから、基本的に90年代はオイラにとってあんまり音楽的に前進していない。むしろ後退していた。幅は広がったが、前を向いていなかった。

で、ロッキン・オン。どれだけ知っているか、持っているか、聴いているか、気になった。

17/100。少なっ。でも、「ああ、そういえば、これ持ってるな」のもいくつか。スマッシング・パンプキンズとか、パール・ジャムとか。G・ラブの1stなんて、友人が友人に借りたCDなのに、「借り物だからちゃんと返せよ!」と言われて借りたのに、未だに借りてるよ。もう10年以上・・・。アラニス・モリセットなんて、1stアルバムが一番好きだな。今でもそう思う。ただ、デイヴ・マシューズ・バンドも、カウティング・クロウズも、シェリル・クロウもいない・・。チョッと寂しいかな。

始めの頃から見たり聴いたりしているアーティストを見守りたい、と思ってきたのはごく最近だ。彼彼女(彼ら彼女ら)がこの後どうなっていくのだろう?!、って言う興味を抱くようになったのは。

きっかけは、もしかしたら、彼かもしれん・・・。

稲内隆裕

シッティングブルで毎月一回ライブを始めて今月で1年が経つ。

オイラの音楽のほとんどが洋楽だ。99%洋楽。ウチにある日本人のCDなんて本の少し。奥田民生に椎名林檎。東京スカパラダイスオーケストラ。トライセラトプスの1st。なぜかZOO。なぜか、原田知世。なぜか、ジョビジョバ。レコードはまだ、色々あるが、大体洋楽。そんなオイラが、イナッチの70年代、80年代の邦楽音楽を唄い、自らの曲もそんなテイスト、雰囲気丸出しの彼の音楽に魅せられた。

控えめなMCトーク、裏腹に力強い歌声、攻撃的な歌詞もあったり、おセンチなのもあったり、自らの日常を切り取ったのもある。先日のライブで聴いたボブ・ディランの名曲、” Don't think twice,it's all right "。サビ以外は自分で作ったこの曲。「深く考えんなや、こんでええねん」的な歌詞。まさにそんな感じ。へぇ、って思ったわ。おもろいわ。

彼が今後どうなっていくのか気になるし、その過程を見ることが出来る幸せを噛み締めてる今日この頃。

|

« 刺激 | Main | ご無沙汰です!!! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85404/11641732

Listed below are links to weblogs that reference 最初の一歩:

» ボブ・ディラン、レコーディングの音質に苦言 [川村けんとの「いい加減にします」]
 旧暦閏七月十二日。閏文月うるうふみつき、禾のぎみのる。ボブ・ディラン、レコーディングの音質に苦言 米歌手ボブ・ディラン(六十五)の最新アルバム「モダン・タイムズ」が二十九日、全米で発売される。スタジオで収録されたアルバムとしては五年ぶりのリリースとな...... [Read More]

Tracked on September 10, 2006 at 12:10 PM

« 刺激 | Main | ご無沙汰です!!! »