« July 2006 | Main | November 2006 »

August 28, 2006

最初の一歩

先日久しぶりに、” rockin' on "、という雑誌を買った。音楽雑誌だ。特集記事が、「90年代ベスト・ディスク100」だったから。ブライアン・ジョーンズの記事にももちろん興味津々だったんだけど。

90年代は、オイラにとってはローリング・ストーンズで始まった。もう来ないかと思っていたので、結局3日見に行ったし、バンドもストーンズのコピーバンドを組んでいたし(バンド名は、jamming with ED だった),聴いていた音楽も、ストーンズか古いブルーズばっかり。マディ・ウォーターズにハウリン・ウルフ、ジョン・リー・フッカーにボ・ディドリー、チャック・ベリー。ロバート・ジョンソン。ジョージ・ソログッドにフェイセス、トム・ウェイツ、ジョニー・ウィンター、と。なんじゃこりゃ、って感じ。だから、基本的に90年代はオイラにとってあんまり音楽的に前進していない。むしろ後退していた。幅は広がったが、前を向いていなかった。

で、ロッキン・オン。どれだけ知っているか、持っているか、聴いているか、気になった。

17/100。少なっ。でも、「ああ、そういえば、これ持ってるな」のもいくつか。スマッシング・パンプキンズとか、パール・ジャムとか。G・ラブの1stなんて、友人が友人に借りたCDなのに、「借り物だからちゃんと返せよ!」と言われて借りたのに、未だに借りてるよ。もう10年以上・・・。アラニス・モリセットなんて、1stアルバムが一番好きだな。今でもそう思う。ただ、デイヴ・マシューズ・バンドも、カウティング・クロウズも、シェリル・クロウもいない・・。チョッと寂しいかな。

始めの頃から見たり聴いたりしているアーティストを見守りたい、と思ってきたのはごく最近だ。彼彼女(彼ら彼女ら)がこの後どうなっていくのだろう?!、って言う興味を抱くようになったのは。

きっかけは、もしかしたら、彼かもしれん・・・。

稲内隆裕

シッティングブルで毎月一回ライブを始めて今月で1年が経つ。

Continue reading "最初の一歩"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 16, 2006

刺激

先週の金曜日、土曜日で、シッティングブルでは7周年のお祝いパーティがあった。金曜日は前夜祭として、堀尾和孝さんの、「アコギ流し1本勝負!!」。

先月のライブも、もんのすごく素晴らしかったが、今月のはさらにパワフルで楽しかった。ちっちゃいバイオリニスト、紗季ちゃん、酔いどれシンガー、ヨッシー兄さんも加わり前夜祭にふさわしい豪華なライブだった。

土曜日は土曜日で、これまた沢山人が集まって、大盛り上がりの夜だった。日曜日は仕事だったのだけれど、楽しくて長々と居座り、場所変えて飲み続けて、結局朝方まで飲んでしまった・・・。まあ、仕事は何とかやったけど、月曜日はさすがにおとなしくしてようか、と思っていたのだけれど、メールが来た。ブルのAKIRAサンから。

これ知ってる?

The_concert_for_new_york_city


オイラが知っているやつかと思ったら、どうやら知らないやつだ。行ってみるか・・・。

ちなみに、お店にはもう1枚、この手のDVDがある。9・11の爆弾テロの直後に放送されたチャリティ番組。

4943674968442


Continue reading "刺激"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2006

つくね、ラーメン、7周年

シッティングブルで、「つくね!」と頼んで、「あ~、ゴメン、終わっちゃった・・」と言われて結構経つが、今週からやっと待望のつくね、食べれます。焼き物食べる順番、皆さん、ありますか?オイラは、つくね、ねぎま、プチトマト肉巻き、が多い。ベスト3の一角が、ないと、「あ~、残念」と思うと同時に、「じゃあ、いつ仕込むのかな?!」と思うのだ。そう、つくねは、お店でAKIRAさんが自ら仕込む。出来立ては、もう、例えようがないほどおいしい。弾力があって、ジューシーで、表面はパリッと、カリッとしていて。断然塩でいただく。不謹慎な話だけど、お客さんが少なくて、焼き物に集中できる環境ならば、完璧だ。手話で、「おいすぃ~」を表現する時、ほっぺたに手を当てて、幸せ一杯の表情をするけど、本当にその通り、まさにそんな感じになる。

今週は、ありがたい事にそんなシチュエーションでいただいた。

うんめぇ。

Continue reading "つくね、ラーメン、7周年"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | November 2006 »