« もう、なんてこった! | Main | セカンド »

June 14, 2006

映画と音楽

いつだったか、シッティングブルのアキラさんが言ったよ。

「オレさァ、”イマジン”聞くと泣けてきちゃうんだよね~」 って。

その答えは風に・・、でなく映画にあったのだ。

The_killing_fields

キリング・フィールド。

戦争映画です。実話を映画化したんです。ものすごくヘヴィな映画でした。この映画の最後に使われる曲が、”イマジン”なんです。なるへそ、納得、って感じです。

オイラなら、”ビューティフル・ボーイ”。

Mr_hollands_opus

陽のあたる教室という映画。確か”イマジン”も使われていたと思うが・・・。断然こっち。ホランド先生の半生を描いた映画。長いんだけどね、3回ぐらい泣けるところがある。1回目は、耳の聞こえない息子との会話(先生は音楽の先生なんだよ・・・)。「ジョン・レノンが死んだ・・・・、ってお前に言っても分からんか」ってつぶやくホランド先生に食いつく息子の言葉。2回目は、反省したホランド先生が耳の聞こえない人達を招待してコンサートを開くの。オーケストラのものすごく近いところに席を作って、座らせて音の振動とライトの強弱とか、色合いとかで変化をつけてね。そして1曲歌うんです。「息子にささげます・・」って。手話を交えて”ビューティフル・ボーイ」。

「Beautiful,~beautiful~,beautiful~、ダーリン ショーン」のショ~ンを息子の名前に変えて。

3回目は最後の最後。もう、泣いちゃいますですよ。

音楽を聞くと、そのときのシーンが蘇っちゃうんだね。


蘇っちゃうといえば、”Don't think twice,it's alL right"。ボブ・ディランだ。

Dave


デーヴという映画。ケビン・クラインが大統領の影武者になってしまう話。ファーストレディにもナイショにしなくてはいけない状況でこん睡状態に陥ってしまったためそっくりな彼が代役を務めるのだ。シガニー・ウィーバーがファーストレディなんだけど、段々、「あれ?何だかおかしいぞ」ってなってきて。で、ついにばれちゃうんだけど、その時にかかるんだな。この話の結末どうなったんだっけ?忘れちゃった。

あ~、しかし、最近映画見てないな~・・・。

|

« もう、なんてこった! | Main | セカンド »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85404/10516693

Listed below are links to weblogs that reference 映画と音楽:

« もう、なんてこった! | Main | セカンド »