« February 2006 | Main | April 2006 »

March 23, 2006

よっしゃ!ストーンズ見てきたジョ

今日の 「Dave fromm show」 はゲスト登場。あの、ダニエル・パウターなり。「笑っていいとも!」のエンディングにも登場してきた。ワォ!だ。

”Bad day”をスタジオでライブ演奏してくれた。ピアノと歌だけの演奏。いい声してるね。ワォ!!だ。”Song 6”はピアノだけでも十分に気持ちいい曲だな。ヒュ~ヒュ~だ。ピアノの旋律がすごく気に入っている”Free loop"は名古屋でのシークレットライブの演奏だそうだ。オォ、ナイス、だ。

daniel_powter

しかし、やはりなんといっても「ワォ!!」で、「ヒュゥ~ヒュ~!!」で「ナイス!!!」だったのは昨日3月22日の東京ドーム。ローリング・ストーンズだ!

RS1

Continue reading "よっしゃ!ストーンズ見てきたジョ"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 19, 2006

やった!!やったやった!!!

ローリング・ストーンズとの出会いは高校2年生だ。
1学期が終わって夏休みになる日、友人から借りたアルバムがいまだにオイラの気持ちを揺さぶる。
クラスメイトの1人がもうひとりの友人に、「これありがとね」、と返したアルバム。
「おう」、と受け取り、「それ、オイラに貸して!」、と借りたアルバム。「おう、いいぞ」と、受け取ったあれ。

「LET IT BLEED」

let_it_bleed

レコードで借りた(当時はみんなそうだ、もう20年前だ)、そのアルバムは、オイラの夏休みの大半を占領した。宿題もしないし、友達とも遊ばない。レコード聴いて、ギター弾くだけ。毎日毎日・・・・。

家族からは、「あのイントロだけ聞いて、ギター弾くのやめてくれ!!」て位弾いた曲、「Gimie shelter」。アルバムのクレジット通りに進まない曲順。(あれは何だ?曲ができた順番か?)

このアルバムの9曲のうち5曲(個人的には8曲)が後にできるコピーバンドのレパートリーになった。

Let it bleed

Love in vain   

Minight rambler

Gimmie shelter

Live with me

個人的には、

You can't always get what you want

You got the silver

Monkey man

まあ、Country honk は、まあ、あれだ。個人的にはまった・・・。


とにかく、あのアルバムのほとんどを聴いて聴いて、聴きまくり、バンドで弾いて弾いて、弾きまくった。

あの時一緒にバンドで演奏したドラマー、ノグ。

ありがとね!

ほとんどあきらめていた、あの、コンサート。ローリング・ストーンズ。
今回の来日。1990年から一緒に見続けた彼らのライブ。

ありがとね。

また今回も行きましょう!

てな訳で、

今回の来日ストーンズ、見てきます!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2006

アコギ1本流しライブ!!

先週金曜日、シッティングブルは恒例の「堀尾和孝 アコギ1本流しライブ!!」。
最近は土曜日開催が多かったが、今回からは、第2金曜日。これでしばらく定着するそうです。

正直寂しい集まりでした。
何でかな?
よそではあり得ないんじゃないか?!ホリオさんだぜ?!ってくらいなのです。

こんな時はスカパイレンジャーに助けてもらおう、と思って連絡したら、
伊豆で大事な集まりがあるとの返事。
イセエビやらカニやらつつきながら日本の将来をみんなで考えていたそうだ。
なんてことだ・・・・、ニュータウンの平和はどうなるのだ・・。

しかしそんな状況でも、ホリオさんの演奏はかなりとんがっていて素敵でした。

いつもお店に来る前に、おおっぴらでなくさりげなくリトルテンションが上がるような音楽を流すのが
ブル流。ボブ・マーリーの法事コンサートライブだったり、シックのあの日本でのコンサートだったり、
ラウル・ミドンのCD流したり、クラプトンのクロスロード・コンサートだったり、ね。
今回は、こっそりと、ザ・リトル・ウィリーズのCDをかけてもらおうと思って持参したが、オイラがお店に到着した時には、ジョン・メイヤー・トリオがかかっていた。これもいいなと思ったので、そのままにしておいた。続けてBBキングだったので、なおさら良いな、とも思ったりした。果たして、ホリオさんは食いつくか?!

try     80

Continue reading "アコギ1本流しライブ!!"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

March 09, 2006

114

店に着くなり、「モニターがさ、うまく言うこと聞いてくれないんだよ」って、言うじゃない?

なんスか?!アキラさん。

「だからさ、PCに新しくモニターつないだらさ、うんともすんとも言わないんだよ」

おお、なんだそうなのか。やっと見えてきた。

「だからさ、週末のホリオさんのライブさ、宣伝しといて」って言われました。

そうなんです。

今度の週末は、そう、3月10日(金)は、堀尾和孝「アコギ1本!!流しライブ!!」なんです。ホリオさんは、木曜日から日曜日まで連日連夜ライブだそうです。その中の2本目。連日続くライブで一番良い演奏をするのは、やはり中日。期待十分ですぞ。
そんな訳でリトルお暇なら来てよね。

IMG_1224

明かりが灯ったら集合


さて、今日のお題は、「禁煙」。ヒツジ男の切り込み隊長がいよいよ禁煙するそうな。数年前から体調がすぐれないボトルナンバー119のヒツジ兄さんは、「今度こそきっぱりやめてやる!!」というのです。みんなリトル信じがたい、と思っているのですが、「いいや、マジのマジ、ていうか、もしできなかったら今ここにいるヤツらに1人につき3本ボトル進呈」。アキラさん含めて3人いたので全部で9本。ナイス。

VFSH0030

****************************

↑ トホホ・・・・。こう書いたけどさ、彼はヒツジじゃなくてウマ男なんだよね・・・。
各方面突っ込みアリガトさん。今後は良く調べて、考えて書きますね・・・。

2006年 3月10日

Continue reading "114"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2006

最近こんなの聴いてます

ある人に、「寝るときフワフワ~っと気持ちよく眠れる音楽な~ぃ?」といわれたので、ちょっと紹介します。
安眠できるかは分かりませんが・・・。

こんなの聴いてます。

catching_tales

ジェイミー・カラム / キャッチング・テイルズ

2枚目だそうですね。顔でなくて、アルバムが(顔もそうか?)。「笑っていいとも!」に出てたよ。びっくりしたよ。ラジオに出演したよ。InterFMに。スタジオライブかましたよ。それがよかった。”photograph"の演奏が、もう素晴らしかった。その演奏で決めた。だから今家にあるのだ。すると、”london skies"という曲と ”Catch the sun"という曲に出くわした。これもなかなかである。全体的にはずれなしの満足できるアルバム。カバー曲が数曲入っているが、元を知らないのでみんな彼のオリジナルかと思ってしまった。ナイス。

back_to_bedlam


ジェームス・ブラント / バック・トゥ・ベッドラム

デビュー作。すご~く良い。ドラマでも使われている”you're beautiful"。出だしのギターといい、歌のフレーズといい、かなりナイス。”so long Jimmy"を聴くとドアーズが聴きたくなるのはオイラだけでしょうか・・・?

daniel_powter

ダニエル・パウター / 

デビュー作。カナダ出身。苦節15年。ヨーロッパで火がついて、去年のライブ8のベルリンステージで演奏したそうな。あれ、あのDVD見たけど・・。いた?割愛されたのかしら?”bad day"が良いのだ。苦労人は好きだ。オイラとタメ年だ。オイラも頑張らねば・・・。

state_of_mind

ラウル・ミドン / ステイト・オブ・マインド

デビュー作。盲目。ぶっ飛んだギターテク。ファンキーなリズム。ソウルフルな歌声。マウストランペットというかくし芸つき。完璧です。シッティングブルに行くと彼が出演した時の「ベストヒットUSA」が見ることができるよ。なかなか興味深いインタビューでした。ちょっとギターを実演してくれたりして。

さて、まだまだ続きますけど・・・。もうあきた?
飽きちゃった人はここでさよ~なり~。

Continue reading "最近こんなの聴いてます"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

ストーンズあきらめてシック見ます!!

気が付けばもう3月。
ローリング・ストーンズがやってくるのね。
行きたいな~、と思ってはいましたが、積極的な行動を怠り、結局チケットは手にしていない。
なんかさ~、やっぱり高いんだよね、チケット代・・・。
去年ツアーが始まってから毎月積み立てておけばよかったよ。

飲んじゃうからいけないんだな、うん・・・。
でも,後悔はしてないよ、十分楽しんだからね。

こうなったら、今よく読んでいる人達のブログ記事を楽しみにしてるしかないね。
各地各会場のレポートが読めて嬉しいかもね。
負け惜しみのように聞こえるが、そう、そうです。
正直悔しいです・・・。
まあ、仕方ないさ。

さて、この間、「不思議なつながり」という記事を書いたが、なんと、もうひとつつながった。
シックが放つ強烈なソウルはいろんな人に影響を与えて、あまり馴染みのなかったオイラの周りにやってきた。
嬉しいことに、あのマルターノのオオニシさんからコメントをいただいて感動したり、それもあの吉岡さんから教えてもらってやってきたと。てことは、吉岡さんも見てくれたのかと軽く興奮してみたり、そしてこんなストーリーを読んでしまうとまたひとつ興味が深まるのです。

ソウルサーチン 第4話 ナイル・ロジャース&バーナード・エドワーズ(シック) ~友情という名のメロディ~

そしたら来るって言うじゃない!!ナイル・ロジャース&シック!!
ここまでつながるなら、行くしかないじゃない?!
チケット代と食事代合わせてもストーンズのチケット代よりかからないんでないの?
よかったよかった。
ちょっと心配なのは、ブルーノートってちゃんとした服装していかないとダメなのかしら・・・。
ないんですけど・・・。洋服買ったらストーンズのチケット代よりかかっちゃうんですけど・・・。

ちなみに、マルターノで食べたピッツァはバリうまかった!!生地がウマイのだ!とにかく。
店内の雰囲気もよくって居心地いい感じ。
カウンターもあるので一人食いも可能。オイラは昼間のランチに行ったので、夜はどんな感じか興味アリ。

って書くと何だか「マルターノに集合!!」になってしまうので、シッティングブルのピザにも触れておこう。
とにかくね、おいしいよ!!やっぱりね、生地がおいしいのだ!ソースがうまいのだ!

どっちにもいえるのは、ピッツァは5分で食えってことだ。たまに火傷するけど・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 03, 2006

ヒツジ年の悲哀

シッティングブルでは何故かひつじ年の人は虐げられる。
シッティングブルでは、「君、血液型は?」という話題より、「何年生まれ?」ってのが一般的だ。
で、「ヒツジです」って言うと、「え?!まじ?!ひつじ!!??」とアキラさんは軽く引き気味に。

シッティングブルでは、ひつじ年の人はタイミングが悪いヤツだ、と思われている。
炭の火を落とした瞬間に「まだ焼けますか?」と聞いてみたり、閉店間際に来て「ご飯食べれます?」と聞いてみたり、「そういう時は事前に電話しろよ!」と何回言われてもダメなようです。空いているときは注文せずに、ものすごく混んでくると「注文いいですか?」といってみたり・・・。ん~、何故かヒツジ年の人に多いみたいです・・・。

でもそんなヒツジちゃんはお店に来るみんなにかわいがられます。いろんな意味で・・・。

さて、そんなヒツジちゃんの2トップの一人「イッピョ」が昨日誕生日でした。
これはこれは、オメデトちゃん。

VFSH0017

ん?ん~?何か足りないが、まあ、いいか。
結構おいしいケーキだったね。

だいぶ飲んだようですけど、大丈夫だったのかしら・・・?

VFSH0024


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »