« January 2006 | Main | March 2006 »

February 20, 2006

週末の話

週末のどうでもいい話 その1

昔「ヒンドゥ・ゴッズ」というユニットバンドがあった。「Hindu gods」かな、たしか。R.E.Mのギターの人が中心になって作られたユニットだったと思う。マディ・ウォーターズの曲なんかをカバーしていた。CDをもっていたが、例によって誰か持って行ってしまったらしい。プリンスの「ラズベリー・ベレー」という曲をカバーしていた。

プリンス大好き!!という友人がいる。もう、ものすごく好きらしい。高校の頃一緒にバンドをやっていて、「何やる?」と聞くと、「いや、俺は、皆がやりたい曲をやるよ。」という控えめな発言をするドラマーだ。少しプッシュして「それでもしいて言えば、な~に?」と聞くと、「プリンス・・・。」すると皆で「え~?!!プリンスかよ・・」って言われて、「ほら!だから言ったんだ!皆がやりたい曲で!!!」って、今考えるとちょっとかわいそうなことをしたな、と反省してしまうオイラでした。聞くのはいいが演奏するのはちょっと・・・、と思ってしまったんだね。それほど聞いてもいないんですが・・。ごめんね。

「El Presidennte」というバンドの曲を最近良くラジオで聞く。「Without you」という曲。先週InterFMでは、彼らをパワープッシュしていて、寝てもさめても”Wiyhout you~♪♪”というメロディが聞こえてきた。Dave Fromm showにもゲストでやってきてライブでやってくれた。アコースティックなアレンジで聞くとなかなかいいなと思った。さらにアルバムから1曲。それが「ラズベリー・ベレー」だった。結構イケてる。少し気になるバンドになった。

****************************

週末のどうでもいい話 その2

本屋へ行った。リリー・フランキーさんの「東京タワー」が気になっていたので。読んでみたいな、と。劇団ひとりの本も気になっていた。タイトルは忘れたが・・・。どうしようかと悩んだが、「生協の白石さん」も気になって仕方がないので、どっちにするかさらに悩んだ。みんなまとめて買おうかとも思ったが、「神はさいころを振らない」という本がまだ読みかけなので今回は劇団ひとり川島くんの本をあきらめることにした。

「生協の白石さん」は実はパクリコントで始めて知った。SMAPの番組で香取くんがやっていたコント。彼のコントの役柄のイメージが強かったせいか白石さんのイメージが自分の中でなかなか作れなかったが、読んでいくうちに一休さんを思い出した。うん、この方が良い。香取くんは孫悟空の方が良い。

あっという間に読めてしまうが、何回も読み返したくなる本だ。フフフ、となる本だ。特に最後のやり取りは良い。あれが最後なのが良い。

こんなブログもあるよ

がんばれ、生協の白石さん

****************************

いやいや、本当に書きたかったのはこんなことじゃなかった・・・。

そうなんです。この間の土曜日は、堀尾和孝さんの「アコギ1本流しライブ!」がシッティングブルであったのです。
この間インフルエンザにかかってしまって心配していましたが、もう全快してました。良かったよかった。


Continue reading "週末の話"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2006

ハピバスデ ツーユー

この間の木曜日16日はある人の誕生日。いつもはバースデー割引で飛行機に乗って実家へ帰ってしまうが、今年は色々あって帰らなかったんだな。それならば、シッティングブルでお祝いしようと、そんなことなんだな。
豪快に酒を飲んで、誰とでも垣根なく接して、酒飲み過ぎると遠慮がなくなり、理不尽なこと言ったりもするけれど、家族を愛し、仲間を大切にして、時にはめんどくさくて約束を破ったり、電話が留守電になったりもするけども、それに足からはくものを頭からかぶったりするけども、そんな彼が、やっぱりみんな好きなんだなぁ、きっと。たくさん集まったね。オイラ仕事が遅くなってだいぶ遅れたけど・・・。

先日近所に引っ越してきたカップルがいて(それはもう、ものすごい近所だ)、誕生日の数日前に彼と顔を合わしただけなのに、誕生日の日にシッティングブルに訪れてお祝いのケーキを。箱の蓋にはこんな文字が。

VFSH0009

本人よりも先にグッと感動して泣きそうになったのはマスターのアキラさんの方だったらしいよ。何かわかるな、その気持ち。オイラも弱いんだよね、こういうの。

それならば、蓋は残しておこう。てな訳で、はさみで切り取って、ついでに来ていたみんなも裏に寄せ書き。

VFSH0010

いいな~、こんな誕生日。

そうそう、プレゼントを用意していたんだよね。アキラさんは革製品も色々作っていて、おいらも財布やら、キーホルダーやら携帯ストラップやら作ってもらったんだけど、ここはジッポだな、と。2月はもう一人誕生日の娘がいて、2つ作ってもらいました。

VFSH0011

VFSH0012

君らに幸あれ!


| | Comments (1) | TrackBack (1)

February 13, 2006

不思議なつながり

横浜市青葉区に赤田西公園という交差点がある。田園都市線江田駅の裏側の道(国道246が表としたらね)をあざみ野方面へ向かっていくと右にユニクロが見えて、その先の交差点。そこに数年前から気になっているお店がある。お店の壁一面に絵が描かれているお店。なんだかピザ屋さんみたいだ。その当時付き合っていた彼女に「あそこ行ってみたい」というと「また今度ね」といわれた。彼女がそういう時はたいてい「興味がないのでできれば行きたくない」ということだ。その通り一度も行かずに彼女とは別れた。名前も記憶にない。今でもよく通るが、何だかお店に入るタイミングを逃してしまった。大体が最近は特に青葉区へ出かけるよりも都筑区のほうが多いからだ。

そらそうだ。シッティングブルは都筑区にあるからね。で、そこにたいてい入り浸ってるんだから・・・。

よく見ているブログがありまして。きっかけはお馴染み、オイラがよく聞いているラジオ「Inter FM 76.1」。日曜日の昼下がり、14:00から17:00でやっている番組~ソウル・ブレンズ~。番組中15時ごろから”ソウル・サーチン”というコーナーがあって、いろんなソウルミュージシャンの紹介をしてくれる。ものすごく勉強になるんです。元々は、”ウルフマン・ジャック・ショー”の番組をスペシャルで放送する、という日があって、その時にいろんな事を教えてくれた人が、そうソウル・サーチャー吉岡さんでした。”ウルフマン~”は現在月~木曜日夜中の12時から聞けるよ。この間聞いていたら1曲目がシックの「おしゃれフリーク」だった。

今年最初のブログにこのことを書いたが、その時は、たまたま、何気なく書いたんだけど、これが不思議なつながりの一歩だったのね。いや、二歩目か?

Continue reading "不思議なつながり"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 12, 2006

パンスト

この間シッティングブルでアキラさんと話をした。ブログの話題。どんな風にお店を作ったか、という話で始まったので、この後どういう風につなげていこうか、という話だった。

 「そりゃ、やっぱりメニューの話でしょ」

 「そう?やっぱりそう思う?」

 「特にサルサの話」

そうなんだ。ホントにうまいんだよ。1口食べて虜になったよ。

10年位前貧乏旅行をした。車レンタルして、ん、違うな、友達が乗っていたマーチで。バンクーバーからサンフランシスコまで。西海岸を南下。10日だか2週間くらいだったかな。忘れちゃったけど・・。ホントはLAまで行きたかったが、お金がない・・・。あきらめた。お金がないから大半はセ-フウェイというスーパーマーケットで食料買い込んで、それを朝夜食に、お昼はファーストフード。今日はマック、明日はバーガー・キング、次の日はジャック・イン・ザボックスと、もううんざりする毎日。たまに気分を変えてタコ・ベルとか・・・。もうオイラの食いしんぼうの虫が暴れて仕方がない。街に到着するとその日はレストランで食べるんだけど、走っても走っても1本道なんだよね。なかなか町に着かない。街と街の間に補給の町みたいのがあって、やたらとガソリンスタンドやレストランのチェーン店がある。「もう、デニーズはイヤだ・・・・・。」ともう我慢の限界に差し掛かった頃町はずれにポツリと1件お店が。メキシカンだ!やった。しかし何か変。普通の一軒家だよ。2階が住居で1階がお店。でもいいのだ、もうファミレスはイヤなのだ。迷わず入ったよ。

06010101


Continue reading "パンスト"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2006

なれそめ

もともとあの辺りを営業で回っていたんだな。5年以上前の話だ。今よりもっと建物が少なくって人も少なくってさ。でもさ、事務所で油売っていると、「何してんだ!!事務所にいても売り上げ上がんないぞ!!」って言うものですから・・・。やる気がないオイラは、営業というよりは、どこかおいしそうなお店はないものか、と日々車に乗ってニュータウンを巡っていたわけです。

そんな時以上に目立つ看板があって、だって、真っ赤な看板に白地でネイティヴ・アメリカンの横顔。メキシカングリルと書かれていたら気になって仕方がない。その頃はランチをやっていなかったので、もう、夜行くしかない。その当時の彼女を連れて行ったのが最初だ、このシッティングブルに行ったのは。1度行ったら居心地がよくって、それから年中入り浸るようになったんだな、これが。

何でこんなこと書いているかといえば、シッティングブルのマスターのアキラさんがブログ作ったんだな。

「Knockin' on heaven's door」

向こうは気合いの入った、思い入れたっぷりの文章、こっちは酔っ払いのたわごと・・・。同時にお楽しみください。

sittingbull_047


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2006

最近の楽しみと心配事

今週の「Dave Fromm Show」は、ヤ~マダケイコがDJ。デーヴさんがお休みだったんです。夕方4時から7時までのこの番組は、「よ~し、仕事もう一踏ん張り!」とテンション上げるのにはもってこいの番組だ。ロックを中心に7時まで。最後は必ずレッド・ツェッペリンで終わる。そこで仕事が終わっていないとブルーになる。それまでに終わっていると飲みに行きたくなる。

で、ヤ~マダケイコって誰?5時になるちょっと前に”Word up”というちっちゃいコーナーがある。そこのMCが彼女だ。明るく元気な声。気になるあの曲の歌詞をヤ~マダが独自に翻訳してくれる。これが結構楽しくていつも楽しみにしている。最初に翻訳された歌詞が読まれて、それから「何の曲だろ?!」って想像するのが最近楽しいのです。当たるともっと嬉しいのです。

そんなヤ~マダも今日の放送で代役終了。お疲れ様でした。あ、きのう2月2日は誕生日だったようで。おめでとうございます。


て、ここまで書いたはいいが、モウ仕事行かなきゃ。

Continue reading "最近の楽しみと心配事"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »