« Keith Richards / Talk is cheap | Main | ジョージ・ソログッド・アンド・デストロイヤーズ »

November 28, 2005

やってもた

週末は、シッティングブルで堀尾和孝さんの「アコギ1本流しライブ」。
久しぶりにまじめにリポートしようとして、曲目をメモして気合い十分だった。
ホントは昨日書こうと思っていたが、金曜日はそりゃ遅くまで飲んじゃいました。
次の日早かったのに・・・。頑張って起きていったはいいが、帰ってきたら、もう眠くて眠くて。

そんな訳で今日書くことになったのである。

が、

あれだけちゃんとメモした紙が見当たらない・・・・・。
はて、いったいどこに・・・?

またやっちゃった・・・。

まあ、覚えている限りのお話を・・。
つまり、酔っ払う前の話が多くなりそう・・・。

一番乗りはミッチーで、オイラは二番手。先日書いた「ライブ8」のDVDを持って来たんだってさ。いいねェ。まだ1枚目しか見ていないので、速く続きが見たいっす。
今日のラジオ76.1InterFMの昼下がりの番組 ”ソウル・ブレンズ”の中の山野ミュージックジャムでもこのDVDが紹介されていました。

ライブ前に前座としてライブビデオを1本。数年前に行われたボブ・マーリィの追悼コンサート。ていうか法事みたいな催し。一族集合って感じで、もちろんローリン・ヒルの登場。なかなか面白かった。オイラ個人としては、先のクイーンのコンサートよりも楽しめた。やはりレゲエの曲調がそうさせるのか・・・・・?
クリッシー・ハインド(プリテンダーズ)が歌った、あの曲、あ~、タイトルが思い出せない!、が妙にはまっていて印象に残った。あ~なんだろうあの曲。「Is this love」だっけかな?

そうこうしていたら、ヨッシーのアニキとウッチーさんが来た。(月曜日終わらせマッス!)←業務報告なんで気にしないでね。あ、そう堀尾さんも来た、先に。

堀尾さんはベン・ハーパーがお気に入りで、アキラさんが「このライブ、ベン・ハーパー出るよ」と言ったら、「ホント?」ってちょっと嬉しそうだった。ヨッシーのアニキは「ウォール」というバンドで歌っているので、「じゃあ、歌っとく?」てことになって軽く打ち合わせ。「ティアーズ・イン・ヘブン」と「JBG」。なかなかいい感じ。

さて、肝心の本番であるが、前座のビデオがなんだか堀尾さんの心を揺さぶったのかものすごく良い音してた。なんだか、やさしい音で、深みがあって、指先の感情がそのままギターに乗り移っていく感じだった。毎月聴いているんですが、今日のはなんだか気持ちよかったです。

ドンナ曲をやったかは、もう少し記憶があやふやで、「アメージング・グレース」、「与作イン・ジャマイカ」、「ワンダフル・ワールド」、「ジュピター~セプテンバー」、「ホテル・カリフォルニア」など。

「リベルタンゴ」ではものすごく良い始まりを見せてくれたが、何故かくしゃみ。やり直しました・・・。それも、まあ、愛嬌です。それでもすごく良かったけど。「チャルダッシュ」は、あおられてあおられて、最後はトんでもないスピードになっていました。

お客さんの中にご結婚される方がいらして、「レイディ・マドンナ」。ウッチーさんのリクエストで、何だっけ?ミッチーのリクエストで、何だっけ?んん~。思い出せない。困った・・。

さあ、ヨッシー兄貴が加わって、良い感じになってきましたよ。軽く打ち合わせただけですが、お見事でした。なかなか良いユニット。毎回できればいいのにね~。

さ、最後の曲、何だっけ?もう、困った!!思い出せない!!

あ、ちなみに「JBG」とは、堀尾さんが曲目リストにメモしていたんです。「これ、な~に?」と聞くと、「おお~、これはね、 ”Johnny B Good” の頭文字。」あ~、そうか・・。

て、こんなのはちゃんと覚えているんだよなぁ。

|

« Keith Richards / Talk is cheap | Main | ジョージ・ソログッド・アンド・デストロイヤーズ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85404/7354180

Listed below are links to weblogs that reference やってもた:

« Keith Richards / Talk is cheap | Main | ジョージ・ソログッド・アンド・デストロイヤーズ »