« カウンティング・クロウズ / Recovering the satellites | Main | Keith Richards / Talk is cheap »

November 24, 2005

ザ・ローリング・ストーンズ / Beggers banquet

並ぶのは好きではない。無駄に時間を過ごすのは好きだが、並ぶのは苦手だ。
並ぶのが悪くないという意見も、確かにアル。

が、早朝パチンコ屋の前に何時間も並んだり、人気のラーメン屋に並んだり、遊園地で乗り物に乗るのに並んだり、新しく発売されるゲーム機を買うのに前日から並んだりするのは、オイラは好きでない。

最近テレビから、大好きな曲のイントロが流れてきた。「Jumping jack flash」。ローリング・ストーンズの曲だ。今聞いてもしびれるイントロだし、ミック・ジャガーの歌いっぷりはもうサイコーにカッチョ良い。なんのCMだ?と思って食いついてみてしまった。Xボックスというゲーム機(?)のCMだった。見事に最後まで見てしまった。最初アップルのCMかと思ったが・・。

で、なんだか聞きたくなったので、「ベガーズ・バンケット」聞いているんだな。

beggers_banquet


1.  Sympathy for the devil

2.  No expectations

3.  Dear doctor

4.  Parachute woman

5.  Jig-saw puzzle

6.  Street fighting man

7.  Prodigal son

8.  Stray cat blues

9.  Factory girl

10. Salt of the earth

全10曲の40分ほどのアルバム。もう何百回の聞いたが、ちっとも飽きが来ない。それどころか、毎回新しい発見があって、興味が尽きないアルバムなんだなぁ。

ブライアン・ジョーンズの最後のアルバム、か?

2.や5.で聞けるスライド・ギターはもう、とんでもなくイイよ。ゾクゾクするね。

デンゼル・ワシントンが主演した映画「悪魔を憐れむ歌」で演奏したのはガンズ&ローゼズ。しかし残念ですが、このアレンジに勝るものはないよ。完璧ですね。「Love you live」での演奏もある意味すごいけどね。なんか吸い込んじゃってたら、特にね。このリズムにして、この歌詩、殺人的なギターフレーズ、要所要所で決めるベースライン。お見事。高校時代からずっと演奏してるんですよ、オイラ。今、集まって何弾く?って言われたら、これ。

2.はスライドもさることながら、ピアノのからみも見事で、さらにリズムを刻むギターがもう、サイコー。キースファンだからかね?

3.もリズムギターがお見事なんだけど、歌のからみ方が印象的。後半のファルセットにからむキースの歌が好きなんだな。

4.全体のグルーブがもう、うねりにうねって頭の中でグルグルまわっていく。あんなノリ、なんで出るんだろう?

5.は何といってもドラム。チャーリー様。まったり始まって、途中から段々心臓の鼓動がはやっていくんだな。倒れそうになるな。ギターを最初の1曲目から一緒に弾いていると、この曲の後半から、もうキツクテきつくて・・・。弾ききると、妙なアドレナリンが出てきます。ベースラインもいいんだけど、キースなんだよな。「お、このライン良いな、気持ち良いな」と思うのは、皆キースなんだよな。でも、決してビル・ワイマンガ嫌いなな訳じゃないんだな。

6.は実は密かにライブのアレンジが好きなんだな。「Get yer ya-ya’s out」や「Stripped」のやつ。しかし、ドラムの入り方はすごいよ。どうしたらこんなになるんだ?かれら、この頃20代後半だろ?なんで?

7.は、もともとロバート・ウィルキンスの曲がベースになっている。これもとんでもなくかっこいい。あの始まり方。よく練習したもんだ。この曲も段々心臓の鼓動が速くなるんだ。演奏の後半「ヘイ!」って言っちゃうのわかるな。

8.は、さっきの「ストリート・ファイティング・マン」と違って、断然こっちのアレンジだ。イントロの怪しい始まり、コード進行、ギターの刻み方、ドラムのかっこいいこと。ミック・ジャガーシャウトしまくり。ベースラインも気持ちいい。ラインに乗ってミックが「ボン、ボ、ボンボン、チャ」って乗っけるところはタマらん。最後の最後にギターが刻んでくるんだが、これがまたいい。好き、これ。

9.はカントリー風な曲調。スティール・ホイールツアーでもやってたね。日本でやったんだっけ?記憶にない・・・。

10.はピアノが好きだな。特に後半、ギターが絡むんだけど、それがいいな。スティール・ホイールのツアーで、アクセル・ローズとイジー。ストラドリンがゲスト参加してこの曲演奏してたなぁ。

なんて、書いていたら2周してしまった・・。
いやあ、彼らに出会えてホント良かった。
と思わせるアルバムですな。

|

« カウンティング・クロウズ / Recovering the satellites | Main | Keith Richards / Talk is cheap »

Comments

最前列か・・・、それはいえます。並ぶかも。
が、あそこはセレブな領域。やはり凡人は音を楽しんで、空間を楽しんで、それを皆で共有しましょう。
ベガーズ・バンケット。いまだ衰えず、でしょ?

Posted by: bullsbrother | November 25, 2005 at 02:24 AM

うわー、いいなこれー。言葉要らないですよね。Dear doctorの出だしなんて、鳥肌ですよ。今聴いてないんですけど、想像しただけで鳥肌立ってます。「oh help me~」うわーって感じです。
僕も、並ぶの嫌いです。。。でも、ストーンズの最前列のチケット取るなら並んでも。。。いいかも。

Posted by: lenmac | November 25, 2005 at 12:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85404/7290697

Listed below are links to weblogs that reference ザ・ローリング・ストーンズ / Beggers banquet:

« カウンティング・クロウズ / Recovering the satellites | Main | Keith Richards / Talk is cheap »