« 本の話3 | Main | 火曜日はフジテレビ »

August 28, 2005

ギターの話 思い出編

最近ほったらかしていたアコースティック・ギターの弦を張り替えた。
本読んだり、音楽聴いてばかりだったけど、近しい人の演奏を目の当たりにすると、
やはり、血が騒ぐ。

最近そんな場所に足を踏み入れてしまったので、もうダメだ。張り替えた。

エレキとアコギ、久々に弾くなら、やはりアコギ。生が好きなんで・・・。いろんな意味で・・・。

そんな訳で、今回はアコギから。で、CD聴きながらチューニング。そう、チューナーが、ないのだ。
いつも「ベガーズ・バンケット」を聞きながらあわすんだけど、あのアルバム、少しキーがずれるんです。
回転早めているのか、遅くしてるのか、とにかくずれる。しかもほとんどがオープンコードのEなんで・・。
かき鳴らす曲が多いので、弦が落ち着いて狂いにくくなるんです。チューニングが。だから、いつもこのアルバムで
安定させるの。

しかし、今回は別のヤツで。Rod StewartのUnplgged

rod_stewart_unplugged


新しく張り替えると、そらもう、嬉しくなるね。良くなるね。オイラのギターは、K.ヤイリというメーカーのギターなんですが、もう良く鳴る。出会ってもう、そう、12,3年になるか。長い付き合いになりました。45,000円くらいだったな。そのわりにはよく鳴るね。

その頃、仲の良い高校時代からの友人が、「俺ね、歌いたいんだよね」って、酒飲んでるとき言ってね、「じゃあ、とりあえず2人っきりでヤットク?」ってことになって、そんで、2人でやるならアコギでしょ、って思って買ったんだよね。オネエがいるんだけど、彼女は70年代のフォークブームに乗ってやたら弦高が高いアコギを持っていたので、それをオープンGにして、それからこれまた高校の友人のギターを借してもらっていて(あれから、もう17,8年借りてますが・・・、で、何故かマドンナのシールが貼ってありましたがありましたが・・・)、そいつをオープンEにして、で、おいらのヤイリちゃんをレギュラーチューニングにして、2人っきりで始めたのでした。21,2才の頃です。

何歌いたい?って聞くと、トム・ウェイツ。そう、2人の中で、すごく沁みていたんだね。その頃。で、アーリー・イヤ-ズVol.1,2をお手本にして、

goin' down slow

poncho's lament

rockin' chair

look's like I'm up shit creek again

so long I'll see ya


と、Vol.1の5曲と、

ol' 55

in between love

blue skies

と、Vol.2の3曲。Ol' 55はイーグルスが歌ったね。こっちがオリジナルです。

tom_waits_early_years_vol1  twaits_e

で、これが結構ハマッた。声がすごく良かったのだ。

あとね、こんなのもやったよ。

エリック・クラプトンの曲。

just_one_night

all our past time

クラプトンの「武道館ライブ」が好きで、その中のアレンジを、さらにギター1本にしてやったの。アルバート・リーのコーラスが気持ちよくて、そう、歌いたかったんス。

そしてそして、もちろん、ストーンズ。「Stripped」というアルバムがでた時、涙チョチョ切れた。だってさ、かぶってるんだもんよ、曲が。

stripped

I'm free

let it bleed

wild horses

dead flowers

sweet virginia

など、を。あと、

as tears go by

that's how strong my love is

good times

など。ものすごく楽しかった。

で、実は、もう1つ。それが、フェイセス。好きなんです。

richmond

debris

と、ロニー・レイン歌声メインの曲。

それと、

stoned

if I'm on the late side

もあったが、チョイ難しくてあきらめた。

よく覚えているね。何故かと言えば、テープが残っているんだな。録音していた。2人でスタジオ入ると、
個人練習扱いだったので、1時間500円。安いわ。毎日入っていたよ。練習3時間。で朝まで飲んで、仕事に行ってた。若かった。今もあんまり変らんけど・・・。

で、最初に紹介したロッド・スチュワートのアンプラグドはその頃を思い出しながらアルバム全部聴けて弾けるアルバムなんだな。曲は1曲もかぶっていないが、今まで紹介した曲、全部足して割るとこんなアルバムになるんだな。おいらの中で・・・。あくまで。

the first cut is the deepest

は、すごくいいね。シェリル・クロウのも良いが、こっちの方が好きだ。

maggie may ~reason to believe

この流れも好き。チューニングあわせながら聞いて、弾いて。気持ち分かるよ、おいらの。別にどうでもいいが・・・。

people get ready

ロニーの危うい感じがすき。で、

stay with me

よく弾ききったな、て、感じ。

そんなこと思い出して、オイラ、また、始動。


|

« 本の話3 | Main | 火曜日はフジテレビ »

Comments

b) In 586 BC the Chaldeans took over Judah, destroyed the temples and enslaved some citizens. In the meantime the Devil is masterfully pulling people away from God, even believers. The gold doesn't always flow very easily and since you'll be engaged in major warfare when you begin a new faction you'll want a solid financial base behind you.

Posted by: clash of kings hack | June 09, 2015 at 09:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85404/5669032

Listed below are links to weblogs that reference ギターの話 思い出編:

« 本の話3 | Main | 火曜日はフジテレビ »